fc2ブログ
09 2023

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

You talkin' to me ? θ-Ⅳ

~どこにでも居る路傍の石的ジジイの日常~

Category: 日々是徒然  

彼岸でありますよ

昨日は代休を取っておりこの週末は三連休となっていたのである。

先週の18日が休日出勤だったのでその代替えではあるのだけど、なんとなくひさしぶりに思いっきり休んだなと( ̄。 ̄;)言う感じの三日間だった。それに義母の四十九日が済むまで娯楽的な事は自粛しようかと思っていたのを方針変更して23日の土曜日は映画を見に行ったりもしていたのだ。

お隣の香川県でしかやってない「午前10時の映画祭13」で「ミツバチのささやき」を。同じ劇場で「007は二度死ぬ」(007シリーズの誕生60年を祝った4Kでの旧作上映)とまるで名画座に行ってきたかのような2本立てを楽しんできたのであった(細かい感想なんかは別館へ書くつもり)

24日は墓参り行脚の後、夫婦でカラオケに行き(これもお互いのストレス発散のため娯楽自粛を返上。部屋も別々で二部屋借りたのである)昨日はなんもせんでいようと思っていたら意外と用事が出来て少し外出もしていたが、それでもこの三日間それなりに魂のチャージは出来たのでは無いかと言う気がする。

この土曜が四十九日本番なので、これが終わればもう完全に以前に日常が戻ってくるなと(__;) 今はそういう事も考えたりしているのである。
スポンサーサイト



Category: 日々是徒然  

手を合わせて見つめるだけで

コロッと忘れてたけど7月の末に元・養父の墓参りへ母と二人で行ってきた。

※参考記事

この記事でも書いてるけど私と母は既に他人なので葬儀には出席して居らず、当初から時期をずらしてひっそりとお墓だけ行こうと思っていたのであった。

養父の墓は先祖代々の場所にありけっこうな田舎( ̄。 ̄;)ということもあったが、なにせ最後に行ってからほぼ30年が経ってるわけで自分の記憶が定かでは無く、果たして無事現地まで行けるのだろうかと当初は少し不安だった。

彼の実子である末弟に住所は聞いていたので事前にグーグルマップを見て確認はしていたのだが、昔のイメージが強力すぎて(^_^;) (竹藪・田んぼ・水路・道幅極狭、そちら中草ぼーぼーみたいな)車大丈夫かなと思いつつ行ってみたら意外と母が道順を詳しく憶えていて、実にあっさりと現場に到着することが出来たのである。

30年ぶりに訪れたそこは随分綺麗に整備されており、末弟の手によってリフォームされた墓もこの霊園の中ではひときわ目立っていた。墓前に母とふたり並んで手を合わせると昔のことをいろいろ想い出して不思議な気分だったな~・・(この間両者無言( ̄。 ̄;))

帰り道に母が「自分が思った以上に悲しいとか辛いとかなかったなあ」とポツリ呟いていたのが印象的。かーちゃん、そら我が輩もその通りでしたわ。感覚的にはホント"昔の知人の墓参り"程度のそれで、この日は親子共々完全に気持ちの割り切りが出来ていたのを確認した日でも有ったんだなと。

ともかくこれで少しは気分もスッキリしたので養父にも全力で成仏して頂きたい。生前は言う機会も無かったから書いておきますが父親時代はいろいろとありがとう。そして本当にさようなら。
Category: 日々是徒然  

ちょうど一月

早いもんで義母の葬式からちょうど一月が経った。

この間出張仕事が続いたりもして(岡山→小松島→最後は徳島市内だったが休日出勤の一日現場仕事で特別感はアリ)そのことを忘れる時間がたくさんあったのもこの"早さ"を助長していたようだ。

そして今月は気がつけばタイガースが優勝してしまい( ̄▽ ̄;) 家内の機嫌がずっと良いままなのである。これはこれでまあまあの好事でありましょう。
Category: 日々是徒然  

明日から二学期、自由研究なにしたっけ??

今日で8月が終わる。

今月は色々あったんで(ーー;)ホンマに早かったなー・・・

9月も公私ともなんだかんだあるけど、最大のイベントは月末の49日でしょうなあ。そろそろ喪服着ても暑くないかな?と思いながら、新品の黒いネクタイも買っておかねばいけませんな。
Category: 日々是徒然  

歴史の証人たち見参

土曜日に妻の大学時代の友人が二人ウチを訪ねてきてくれて、義母に線香を上げてくれることになった。

お一人は香川、そしてもう一人はなんと長崎から来てくれたのだ( ̄。 ̄;) 二人とも家内とは18歳の頃からの古友で、今でも頻繁に連絡を取り合っている仲なのである。

香川の友人は私も結婚後よく顔を合わせていたので馴染みの人ではあったのだけど、長崎の友人は初対面だったのでどう対応しようか少し考えてしまっていた。しかし全員同級生という心理的アドバンテージが作用して挨拶後はごくごく気楽に(__;)お話をさせていただけたのであった(年齢がタメというのはそれだけで対人壁が薄くなるものなのだよ)

彼女たちは学生時代(全員香川の大学に通っていた)この家にも遊びに来たことがあり、義母とも接点はあったのである。娘の同級生、しかも女子メンバーと言うことで義母からは随分歓迎されていたようで、話を聞いていて我が輩とはえらい違いだなと思ったよ(そら大方40年近く前からの話だしなあ・・・)

そういう私の知らない時間の話が思い出として各人から語られるのを聞くと、オレもこの時代にこのメンバーに居たら果たしてどうだったんだろうと(別に私個人のバックボーンに変化が有るわけでは無いから、仮に18歳で知り合ったとしてもきっと「あんな子と付き合うのはやめとき」と言われていたでしょうなあ)いろいろと想いを馳せてしまった。

ともかく暑いときに遠方からわざわざ来てくれた妻のご友人達には心から感謝を申し上げたい。

« »

09 2023
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

しろくろ

Author:しろくろ
「しろくろ」 と、申します。

それまでメインで使っていたヤプログ!がサービスを終了することになり、2019年8月よりこちらFC2へ引っ越して参りました。

その正体は日本の蛮地・四国徳島に住む五十代のおっさん。ブログの内容は路傍の石的田舎モンが綴る日常世迷い事しか書かれておりませんが、もしお暇ならちょっと寄っていってください。

ちなみに過去のブログについては楽天時代(2004年10月~2011年10月)とヤプログ!時代(2011年10月~2019年8月)を合わせてlivedoorにバックアップを取っています。

また、同じFC2で趣味(主に映画・テレビ・特撮・古いサブカル等)に特化した別館ブログも2009年より書いていますので、ご興味有りましたらこちらのほうもよろしくお願いいたします。

※詳しい自己紹介はこちら

アクセスカウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム