FC2ブログ

You talkin' to me ? θ-Ⅳ

~どこにでも居る路傍の石的ジジイの日常~

マスクが暑い(~Q~;)髪の毛がウザい

散髪屋に行くのもこの時期やや警戒していたところがあり、先延ばし先延ばしにしていたらどんどん毛が増えてしまい(ーー;) これでマスクしてると耳紐に毛が絡んで、まるで甲子園球場のツタのような状態になっていたのである。

ここ数日は気温も高かったし仕事中の不快指数はかなりの物があったわけだけど、もう限界とばかりに今日の仕事帰りカットに行ってきたのであった。たぶん明日だと盆前の金曜だから込んでるんじゃ無いかってのもあって今日にしたのだが、客は私だけだったので待ち時間も無く最短時間で切ってもらうことが出来た。

その際に「暑いし次のカットまできるだけインターバル開けたいから、バッサリと涼しい頭にしてくれ」と頼んだら正にその通り殆どアーミーヘアに近い仕上がりになり、しばらくは軽快な頭頂部をキープできそうな仕上がりになっている(本音を言うと坊主でも良いくらいなのだが( ̄。 ̄;)さすがにそれもなんなので)

これで明後日からの夏休は多少なりとも涼を感じることができそうだ。
スポンサーサイト



明日から8月だというのに

梅雨明けしたのがこないだなので、もう8月かいなと言われてもピンと来ないところはあるのだが、昨日今日の暑さを考えると今年も順当に真夏は近づいておるのでしょうな(~Q~;)

とりあえずカネは無いが休みだけはたくさんあるので(ーー;)夏バテせずコロナも回避していかに体を休めるかというのが今夏のテーマになることだろう(何せ夏休含めた休日合計が8月は半月以上もあるからな~( ̄。 ̄;))

まず今日のウチにやることは家中のカレンダーをめくるところから。  

何も無い盆をいかにやり過ごすのか

今週になって我が輩の夏休みが決まり、来週末からの一〇連休と言うことで昨年と同じ休暇体制となった。但しこれには「有休取得年間五日間義務化」の分も入っているので、半ば準強制的に長期休暇を取らされたような物なのである。

今の業務体制だとこの「5日間義務化」を消化するのが難しく、出社率が年間で最も低い時期であるお盆前後にこれを適用しているわけだけど、正直おんなじ休むならもっと涼しい時期が良いし別個にそこで五日間休ませろよと言う気もするが、まあコレばかりは現状じゃ仕方が無いのだ。

そんなわけで今年は阿波踊りもなく(個人的に好きではないとはいえ、やはり有るのと無いのとでは気分も違うなと)去年のように何処かへ行って一泊する予定も無いので、へたすりゃ10日間家に籠もって終わりかもしれない(もっとも、家で過ごすのは苦にならない我が輩なので、この間は延々と本読んで映画見てダラダラ避暑に充てても良いのだ)

あ、墓参りと法事で一日は出かけるけど、あとは盆明けに四国内で遠征を考えているくらいで、今年は地味な夏休みになりそうだ。

考えてみりゃこれが初めてだ

昨日までの4連休は初日が引っ越し後初めてのバルサン散布(いやいや、使ったのはアースレッドだったけど( ̄。 ̄;))を行い、家中の噴霧を確認してから義母のいる特養に廻ったのだが、留守にしていたのは5~6時間程度だった。

説明書には「2時間程度の待機で良い」とあったから帰宅後は安心して玄関を開けたのだけれども、そこで見えた景色は明らかに視界が霞んでいたのであった(ーー;)

どの程度で家中にもれなく薬剤が届くかわからないこともあったので少々多めにセットしたというのもあったが、家に入るなり我々夫婦の喉に変調が起き(>_<) 妻の人はいったん車に待避してしまい、我が輩はむせながらも各部屋の窓を開けて換気を行ったのである。

15分くらいでようやく落ち着いたが、あわや人間が駆除されるところだったというのはまったくの予想外(@_@;) それだけこの殺虫剤が強力であったという証だから逆に効果については信用もしているけど、今度からはもう少し気をつけるようにしないといけない。

IMG_1474.jpgそして二日目は前記事で書いたとおり我が輩は仕事。

三日目の土曜は妻の人が急遽朝からバイトにお呼ばれしたので我が輩は一人留守番となった。

最初昼飯にはピザでも取ろうかと思っていたのだが、そういえば引っ越ししてから自分で飯の用意したこと一回も無かったなと思い立ち、なんか出来るもんはないかと冷蔵庫を漁ったら冷凍食品のそばめしとこれまた冷凍のたこ焼きが出てきたので、これをセットにして食べてみることにしたのだ。

レンジで温めたら終いなのでめちゃめちゃ簡単ではあったけど、これが意外に美味く、けっこう腹一杯になってしまったのである。料理の出来ないおっさんの留守番飯にはインスタントより冷凍食品の方がイイかも(写真で見たらなんとなく家畜の餌っぽくなってしまったが(°°;)そもそもそばめしとはそういうもんだ) 

最終日の昨日は午前中近所をドライブして買い物して、午後から夜まではテレビでずっと野球見て終わりという平和な物(MLB2試合→NPB6試合) そんなわけでこの四日間は引っ越し後初めてやった事が二つという、そういう意味では充実した(?)良い休日だったと。

どうする、どうなる新メンバー

昨日の土曜日は休日出勤で7~16時の勤務だったのだけど、さすがに空調効いてない館内での作業は汗が止まらず(~Q~;) まあこれで真夏の作業は終了(突発的に仕事が入る可能性はあるけど)ということで、出社メンバーはわりとリラックスした雰囲気で業務をこなしていたのであった。

それで昼休みに飯食いながら新メンバーである某氏3月の記事先月の記事で書いた人物。この日は出社しておらず)の事に話が及び、今後どーしたものだろうかという談義になってしまったのである。

後からわかったことだが件の彼は前にいた現場で「使えない、動かない」という烙印を押された人物なのであった。本社サイドでは本人と面談の末「何でもやれることをやります」という彼の意思を尊重しさまざまな別現場を模索していたそうだが全ての所属長に断られ(そらそうだろうなあ( ̄。 ̄;))結局元現場の上司と繋がりのあった我々の現場長に話があり、やむなく引き受けようという事になったそうである。

とはいえ、彼が今までやってきた仕事とはまったく別分野のことをこちらではやってもらうしかなく、基本屋外作業を頼むことになっていたのだが、とにかく休憩の多い人で赴任して最初の一月は年中待機部屋で座り込んでいる状態だった。当然我々の同僚たちからも「あいつなんでいつも座ったままなの?」「あれで給料もらえるの不公平やん」という声が特に安い時給でハードワークをこなしてくれているパートさん間から上がるようになり、サブリーダーの方から何度か喝も入れらてようやく多少マシな仕事ぶりにはなったのだけど、それ以外にも「こいつ使えねえ」という事案がポツリポツリと浮上して、現在では追加業務を依頼するのが難しい事態になってしまっている。

あんまり細かい話は書けないから漠然とした書き方になるけど、たとえば新人に仕事を教えるのに1~5までを説明する必要があるとしたら、彼の場合はそれが1~15の幅でしかもマニュアルとして文言化しないと伝わらないことが多々あったのだ。そうなるとこちらとしてもその伝達に時間を取られるくらいなら自分でやった方が遙かに速いし能率も良いわけで、しかも元々増員を希望して私の部署に来た人ではなく、所属すらないファジーな「現場で空いてる仕事はなんでも」みたいな存在の要員なので、マトモな仕事を期待できない以上彼に関わるメリットもなければ意味も無いと私は思っているのである。

そのことを昨日はメンバー全員がそれぞれの立場から語っていたのだが(みんな多かれ少なかれ似たような目に遭っているらしく、「いったいどう使ってあげたら良いのか」という途方に暮れた感じではあったかな)私はこの現場では彼より唯一の年上メンバーで社歴も殆ど一緒なので、けっこうきつく喋ったりもしているのだが、どうにも手応えが無いというのか何を聞いても終始人ごと感漂うような返ししかしてくれず、何度「オマエのことやろ!」と大声を上げたかわからないくらい、ホント彼に対しては考え方、生き方のとことんユルいヤツなんだということをあらためて思い知らされているのである。

それでも三月の記事で書いたように彼は私と比較的趣味の近いオタクで、人間自体は悪いやつでは無いと思っていたから最近は「真剣に転職を考えたらどうだ」という話も親身になってしているつもりなのだけど、これについては真面目に耳を傾けているので彼なりに少しは「このままではいかん」と思っているのかもしれない。

それで昨日のメンバー談義の時にサブリーダーの口から「来週本社から人が来て彼と今後についてもう一度面談します」と報告を聞いたので、そこで何か指針が出れば良いけど、ともかく辞めるにしろ残るにしろ、彼には自分のことをもっと一生懸命顧みる必要があるよというのを自覚して貰いたいと願っている(ガキじゃ無いんだから、せめてもうすこしちゃんとしろよと)